キッコーマンから販売されている「ピースナイト」。

夜ぐっすり寝て疲れをとりたいけど、睡眠薬に頼るのは避けたい…そんな人にピッタリの「機能性表示食品」です。

食品なので、医薬品に比べて体に負担の少ない成分でできているのですが、一体どんな成分が含まれているのか気になります。

そこでピースナイトに含まれている成分について詳細をご紹介します。

翌朝スッキリ目覚めるための「テアニン」

ピースナイトに含まれている主成分の一つに「テアニン」があります。

この成分は、朝目覚めた時に疲労感を軽減する働きがあります。

年齢を重ねるにしたがって睡眠をとることによる疲労回復効果は下がっていきますが、テアニンは睡眠の質を向上させ、翌朝スッキリ目覚めるサポートをしてくれます。

実際の研究でも、1日200mgのテアニンを摂取した成年男女グループと摂取していないグループのうち、テアニンを摂取したグループの方が疲労回復を感じた点数が高い傾向にあるという結果が出ています。

テアニンはお茶などにも含まれるアミノ酸の一種。

疲れた時に一杯のお茶でホッとできることからも分かる通り、テアニンには高いリラックス効果が期待できるのです。

ストレス軽減&気力向上のための「GABA」

最近はチョコレートなどですっかりおなじみになってきたストレス緩和成分の「GABA(ギャバ)」。ピースナイトにはGABAも含まれています。

GABAもアミノ酸の一種で、脳や神経の興奮を収めたり、α波(リラックスしている時に現れる脳波)を発生させたりしてリラックス効果をもたらします。

事務的作業などで一時的な精神的ストレスや気力低下を感じた時に、神経の緊張を緩和する作用があるのです。

夜なかなか寝付けないという人は、日中の家事や仕事のストレスなどで神経が高ぶっていることも原因の一つかもしれません。

そんな時に、GABAはストレス軽減と翌朝のやる気を高める働きをしてくれるのです。

もう一つの成分「パッションフラワー抽出物」

ピースナイトは、「テアニン」と「GABA」という2つの機能性関与成分を日本で初めて両方配合した製品です。

さらにピースナイトにはもう一つのサポート成分として、「パッションフラワー抽出物」も含まれています。

パッションフラワーはメディカルハーブとしてヨーロッパでは古くから利用されてきた植物です。

心を落ち着けて、ストレスや不安などの精神的な要因による不眠に効果的と言われています。

全ての原材料一覧

食品アレルギーなどのために全部の原材料が知りたいという方のために、原材料名をご紹介します。

ピースナイトの原材料は次の通りです。

還元麦芽糖
GABA(γ-アミノ酪酸)
でん粉
パッションフラワー抽出物(パッションフラワー、デキストリン)
セルロース
テアニン
ステアリン酸Ca
二酸化ケイ素

ピースナイトはキッコーマングループの研究開発ノウハウを活かして開発・製造されていますので、高い品質管理のもと製造されているので安心ですね。

>>ピースナイトの副作用やアレルギー情報!服用の注意点は?

まとめ

ピースナイトには2つの機能性関与成分「テアニン」と「GABA」が含まれています。

テアニンにはリラックス効果が、GABAにはストレス軽減効果があるので、この2つが同時に作用することで質の高い睡眠に加え翌朝のスッキリ感も期待できます。

ただ眠りやすくするための睡眠導入剤などと違い、疲れをとり体を休息させるための睡眠へと導くよう開発されたのがピースナイトなのですね。

>>ピースナイトの公式サイトはこちら