お茶のうまみや甘味に関係する成分「テアニン」にはリラックス効果があり、今では各社からテアニン含有サプリが販売されています。

テアニンと言う名前もよく目にしたり耳にしたりするようになりましたが、どのような効果があるのか具体的に知っているという方はまだそう多くないかもしれませんね。

睡眠トラブルに悩む人にとっても心強い味方となる成分であるテアニン。

ここではそのテアニンについて、効果などをご紹介します!

テアニンの効果

テアニンは「グルタミン酸エチルアミド」というアミノ酸の一種です。

緑茶をはじめ、玉露や抹茶などに多く含まれていると言われています。

日本人にとっては身近な素材に含まれているテアニン。その効果には以下のようなものがあります。

睡眠ホルモンの量をコントロールする

脳が興奮状態にあるとき、ドーパミンやセロトニンといったホルモンが分泌されます。

テアニンはこれらの興奮ホルモンの分泌量をコントロールする働きがあるのです。

コーヒーと同様に、お茶にも覚せい作用のあるカフェインが含まれていることはご存知かと思います。でも眠気覚ましに緑茶を飲むというのはあまり聞きませんよね。

テアニンには脳の興奮を抑え、ホッとリラックスさせてくれる効果があるのです

アルファ波を活性化させる

脳波にはアルファ波とベータ波と呼ばれるものがあり、脳がリラックス状態にあるときに出現するのがアルファ波、興奮状態にあるときに出現するのがベータ波とされています。

テアニンを200mg摂取した人の脳波を調べると、30分後にアルファ波が活発化することが確認されています。

テアニンを多くとるほど、α波が強く出現すると言われています。

血流が改善される

脳がリラックス状態になると、緊張してこわばっていた筋肉がほぐれます。

筋肉がゆるむと縮小していた血管が広がるので、血流が改善されるとされています。

血流が滞るとコリや頭痛などを引き起こしやすくなるので、テアニンによるリラックス効果は引いては血流改善やコリ改善につながると期待できるのです

テアニン効果の持続時間は2時間程度

テアニンを摂取してリラックス効果が現れるまで、30分ほどかかるとされています。

またこのテアニンのリラックス効果は約2時間持続します。

リラックスした状態でスッと入眠できるので、テアニン含有サプリなどで睡眠向上をはかる際は、寝る30分~1時間ほど前にサプリを飲むといいでしょう。

リラックスした状態でスッと入眠できると、それだけで「良く寝た!」という充足感がUPしそうですね。

まとめ

テアニンを摂取すると、睡眠ホルモンが活性化されたりリラックス脳波であるアルファ波が出現したりといった効果が現れるとされています。

また血流が改善されコリの解消にもつながるなどの副次的な効果も期待できます。

こうした効果が現れるのはテアニンを摂取後30分ほど経ってから。また効果は2時間程持続します。

サプリなどを使って睡眠トラブルを改善したいという場合は、寝る30分~1時間前くらいにテアニンを摂取するようにしてみてくださいね。

テアニンを摂取するのであればピースナイトがよいですよ。購入情報は下記をチェック

>>ピースナイトは楽天?アマゾン?薬局?最安値販売店はどこ?